リベルサスによるダイエット(GLP-1)
オンライン診療対応

UnMed Clinic Motomachiでは、コロナ禍で増え続けている肥満患者さんに対して、肥満症を1つの現代病と位置づけ、予防医学の見地より積極的に肥満治療を推進しております。肥満を改善し、健康寿命の延長に寄与して参ります。

肥満は病気です。

自分で頑張らなくても内服治療で対応出来ます。

分かっていても食べてしまう。そんな方は是非ご相談下さい。

メディカルダイエットとは

メディカルダイエットとは、GLP-1受容体作動薬によって、食事制限や大変な運動を行わなくても、自然に食欲を抑えてダイエットを進めていく治療方法です。現在、GLP-1は、「肥満治療薬」として世界各国でも注目されており、日本でも生活習慣病の治療や健康予防に有効な方法として実施する医療機関が増えてきております。当院では、2020年6月に2型糖尿病を適応として国内で承認された内服薬:リベルサスを使用して治療をご案内しております。
※リベルサスは、国内で「肥満治療」の効能・効果で承認されているGLP-1製剤ではありません。自費診療となります。諸外国では、リベルサスと同一成分の注射製剤が、米国のFDA、EU27か国のEMA、韓国のMFDSにおいて肥満治療薬として承認されています。

リベルサス(GLP-1)とは

GLP-1ホルモンは、インスリンの分泌を促す働きを持ったホルモンの1つです。健康な人の体では、食事を摂取した際に小腸から分泌され、脳に「もうお腹がいっぱいである」という信号を送り、食べ過ぎを抑制する役割があります。
さらに、GLP-1ホルモンには、胃酸分泌や腸の働きを低下させる効果もあり、食べ物の消化に時間がかかることで、お腹が満腹な状態が長く続き、食欲を低下させる効果もあります。また、膵臓に作用して血糖値のコントロールにも効果があります。通常、GLP-1ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量が多い人は痩せやすい体質で、少ない人は太りやすい体質と言えます。そのため、肥満症の方にGLP-1受容体作動薬を使用することで、食欲を抑制し、自然と痩せやすい体質をつくる効果が期待できます。

GLP-1とは GLP-1とは

このGLP-1ホルモンを使用したダイエット方法は、アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)の認証を受けた安全性の高い治療方法で、韓国やヨーロッパでも肥満治療として実施されております。日本では、2型糖尿病の治療薬として使用が認められていましたが、近年では肥満治療としても認識されてきております。

GLP-1受容体作動薬の内服薬

これまで日本の医療機関では、「サクセンダ」「ビクトーザ」「オゼンピック」などのGLP-1受容体作動薬が主流でしたが、いずれも注射を使って体内に投与する必要があり、一般の方には抵抗がありました。近年は、「リベルサス」というGLP-1受容体作動薬が登場し、内服薬として使用することができます。そのため、以前と比較してより安全に治療を受けていただけるようになってきました。当院でも「リベルサス」を使用した治療をご案内しております。

リベルサスによるダイエット

リベルサス(GLP-1)には下記のような効果が期待できます。

  • 脳の食欲中枢に働きかけ、満腹信号をおくり食べ過ぎを抑制する
  • 胃酸の分泌を抑制し、腸の排出運動を低下させ、消化に時間がかかることで、長い時間満腹な状態を継続し食欲を抑える
  • 膵臓に作用して血糖値のコントロールを促す

当院のリベルサスダイエットの特徴

当院では、リベルサスとカナグルを用いたGLP-1メディカルダイエットを行っております。

特徴①:体への負担が少ない

多くの方がダイエットの経験があると思いますが、食事制限をしたり、無理な運動をすることは、精神的にストレスもあり、体にも負担が大きく継続が難しく途中で断念してしまうことが多いです。GLP-1ホルモンを内服するダイエット方法では、1日1回の内服で自然に食欲が抑えられ無理なくダイエットが続けられます。

特徴②:太りにくい体質を実現

GLP-1ホルモンには、胃腸の働きを抑えるので、長時間満腹感が続きますので、ダイエットで一番つらい「空腹感」が減少します。それに加えて、一緒に内服するSGLT2阻害薬(カナグル)によって、糖を吸収せず、尿から排出する働きがあるため、糖質を摂取しても吸収されにくくなります。

特徴③:自宅で治療できる

リベルサス(GLP-1)は2020年6月に国内で承認された内服薬です。注射の痛みや手間、リスクがなく自宅で簡単に治療を実施できます。

特徴④:内科医が治療を担当

昨今、美容系クリニックでダイエット薬が気軽に購入できるようになっておりますが、使用方法を間違えたり、その人に合った薬剤を選択しないと、副作用に悩んだり、良い治療効果が得られなかったりします。実際に、国民生活センターから注意喚起も出ています。

注意喚起の詳細はこちら


そんな中、UnMed Clinicでは肥満に対して真摯に向き合い、肥満になってしまった背景や治療効果、さらに副作用などについて、内科的にしっかりサポートさせて頂きながら、適切な治療をご提案させて頂いております。そうすることで、ご利用の皆さまに、安心して、より確実な減量効果、さらには、リバウンドしない肥満治療、体質改善を実感して頂きたいと考えております。

オゼンピック皮下注による治療

現在、多くの患者さんにご利用いただいている内服タイプのGLP-1 リベルサスに加え、注射タイプのGLP-1 オゼンピックを導入することにしました。
しかし、昨今の薬剤の流通規制のため、当面の間、処方は1回の診察で最大2本までとさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。

オゼンピックの使用方法

週に1回、決まった曜日にお腹やふとももの脂肪に注射します。打ちたい量にダイアルを合わせて打ちます。少なくとも初めの4週間は1回0.25mgから開始し、その後必要に応じて1回0.5mgにして注射を続けていきます。効果が不十分な場合は1回1mgまで増量することが可能ですが、多くの患者は1回0.5mgで十分治療効果を実感頂けます。

現在販売されている新しいタイプのオゼンピック2mgは、1本の製剤を複数回使用する仕様になっており0.25mgなら8回、0.5mgなら4回、1.0mgなら2回使用可能です。

使用前までは冷蔵庫で保管をして頂き、使用開始後は冷蔵もしくは室温(1~30℃)で保管し、8週間以内に使用してください。

オゼンピック皮下注射の特徴

細い針で痛みを感じにくい

「注射をするのが怖い」、「痛いのが嫌だ」と思う方もいるかもしれませんが、オゼンピック皮下注の針は細く、注射時の痛みを感じにくい製品です。

本体は繰り返し使う

オゼンピック皮下注2mgは、1本につき2mgの薬が入っているタイプの製品です。
針先をご自身で交換しながら、必要量を投与します。
たとえば週に0.5mgを投与するときには、1本で4週間使います。
1回使い切りのタイプではないため注意してください。

空打ちが必要

初回投与時には、薬剤が針先から出るのを確認するために空打ちという操作が必要です。

オゼンピックの副作用について

基本的にリベルサスと同じく、吐き気、嘔吐、倦怠感、胃部不快感、食欲不振、頭痛、下痢などの副作用が出る可能性がありますが、治療経過の中で慣れてくると徐々に治まっていく場合が多いです。また、ごく稀に低血糖になる場合があります。

オゼンピックの費用

GLP-1受容体作動薬
オゼンピック
(消毒綿最大8枚・注射針最大8本込)
2mg 20,000円(税込)
(1回0.25mgであれば8週間分)

自己注射のポイント

1本の注射を何度も使う

オゼンピック2mgは、1本の注射を何度も使うタイプの薬です。
1回使い切りタイプではないため注意しましょう。

自分で針先を変更する

オゼンピック皮下注2mgは、自分で針先を変えながら注射をするタイプの薬です。投与前に必要な作業があるため、手順を確認しながら投与してください。

週に1回の治療を忘れてしまった場合の対応法

オゼンピックは1週間に1回注射するタイプの薬です。使い忘れに気がついてから次に投与するまでの時間によって対応が異なりますのでご注意ください。
・次に注射するまでの時間が48時間(2日)未満の場合
注射をせずに次回の予定日に注射してください。
・次に注射するまでの時間が48時間(2日)以上の場合
すぐに注射をしてください。次の注射も元々の予定通りに注射してください。

オゼンピックのメリット

*週に1回、決まった曜日に注射するだけなので治療が簡便        
*ダイアル式なので自分で投与量を簡単に調整できる        
*0.25mgなら1本で8回(2ヶ月)治療が継続できて経済的
*飲食に関係なく、好きな時間に注射する事ができる
*食欲を抑える治療効果が強め

オゼンピックのディメリット

*注射なので多少の痛みが伴う
*週1回の治療なので、忘れることがある
*冷蔵庫保存なので持ち歩きには不向き

リベルサスとの比較

リベルサスは、連日寝起きに1錠内服して頂きますが、オゼンピックは週に1回皮下に注射して頂きますので、摂取方法と治療頻度が異なります。

また、「日本人の2型糖尿病患者を対象としたGLP-1製剤の治療成績」に関する臨床試験の結果によると、有意差はなかったものの同じ成分であるオゼンピック(注射薬)とリベルサス(経口薬)の治療効果の比較において、オゼンピックの方でより強い減量効果が認められる傾向が見られました。
ですので、既にリベルサスで治療中の方で、あまり減量効果が得られなかったり、徐々に治療効果が減ってきているといった場合には、オゼンピックへの切り替えを検討されてもいいと思います。

SGLT2阻害薬の活用

GLP-1ホルモンと一緒にSGLT2阻害薬を内服することで、よりダイエット効果を高めることが期待できます。本来人間の体は、腎臓で血液から尿をつくる際に糖が尿に混ざってしまいます。しかし、腎臓で尿から糖を回収し、尿には糖が含まれない仕組みになっております。そこで、SGLT2阻害薬を内服することで、腎臓で尿から糖を回収する働きを阻害することで、糖が尿から排出されるようになります。

SGLT2阻害薬(カナグル)

SGLT2阻害薬(当院ではカナグルを採用)は、血液中の糖質を尿中に多量に排出させ、血糖値を下げることでダイエットが期待できる薬です。つまり、糖質をよく摂る人で、血液検査で高血糖が疑われる人に対して非常に有効なダイエット補助薬と言えます。おおよその目安として、カナグル1錠服用することによってご飯一杯分の糖質の摂取を無かったことにすることができます(高血糖が著明でない方では効果が十分に発揮されない可能性があります)。
また、ゆっくりと体重減少効果を発現するため、数か月間、持続治療することが必要です。どうしても糖質摂取量を減らすことが難しい方は、SGLT2阻害剤を利用(併用)するのもご検討ください。

リスク・副作用について

  • 口渇、脱水症状
  • 倦怠感
  • 胸の痛み
  • 嘔気、食欲低下
  • 便秘、下痢、腹痛
  • 頻尿
  • 低血糖症状
  • 発熱

以上のような症状があった場合は、内科医師がしっかりとケア致しますのでご相談ください。

治療の流れ

ご予約から診療

  1. ホームページから内科枠(外来予約⇒初診⇒その他)でご予約してください。
  2. 予約日に来院していただき、問診票を記入していただきます。
  3. 医師の診察となります。
  4. 治療薬(リベルサス・カナグル)を受取ってお会計となります。

WEB予約はこちら

治療費について

※初診時のみ初診料として2,880円いただきます。
※下記費用は2023年5月16日からの価格となります。

GLP-1受容体作動薬
リベルサス(30日分)
3mg 30錠 9,900円(税込)
7mg 30錠 17,600円(税込)
14mg 30錠 24,200円(税込)
GLP-1受容体作動薬
オゼンピック
(消毒綿最大8枚・注射針最大8本込)
2mg 20,000円(税込)
(1回0.25mgであれば8週間分)
SGLT2阻害薬
カナグル(30日分)
100mg 30錠 11,000円(税込)
ツムラNo.62 防風通聖散(28日分) 84包 3,850円 (税込)

リベルサスのみカナグルのみ2剤併用防風通聖散の併用いずれも処方可能です。
※当クリニックで扱うリベルサスは全てノボノルディスクファーマ(株)が製造しています。 
※防風通聖散により下痢症状が出ることがあります。

リベルサスの服用方法

リベルサスの内服について、空腹時(1日の最初の食事の前に)に服用してください。服用後、飲み物を飲んだり、食べ物を食べたり、他の薬を内服するのは30分経過してからにしてください。

カナグルの服用方法

1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。
リベルサスと併用の方は、一緒に飲まずカナグルは朝食後にしてください。

防風通聖散の服用方法

食前または食間(食後2-3時間)に服用します。
リベルサスと併用の方は、朝分は一緒に飲まず防風通聖散を食間に服用してください。

リベルサスの効果が気になる方へ

リベルサスによるダイエットの治療効果に影響があると思われる日常生活のポイント2つについて説明します。

リベルサスには食欲を抑える効果があり、食事量を減らすことで結果的に減量に繋げていくものです。そこで考慮すべきことが日頃の睡眠についてです。実は、1日6時間以下の睡眠時間の方の脳内物質において、食欲を抑えるレプチンが減り、食欲を増すグレリンが増えるという研究結果が得られました。ここには、”睡眠時間”だけでなく、”睡眠の質”も関係があると言われています。つまり、寝不足の方や睡眠の質が悪い方は食欲のベースが上がってしまい、リベルサスの効果が半減されてしまうということです。いかに良質な6時間以上の睡眠習慣を確保できるかで治療効果に影響すると考えています。

次に、食事のタイミング・回数についてです。食事を同じ量食べる場合、血糖値が低い時と高い時で、どちらの方の吸収率が高いか分かると思います。当然、低血糖の時の方がエネルギーの必要性が高まっているため、体内へ取り込まれるエネルギー吸収率は高まります。次に、タイミングですが、やはり寝る直前のエネルギー摂取は問題です。寝る直前に食べた未消化の食事が胃腸に残り、寝ている間に小腸から栄養が吸収され、使われることなく貯蔵庫である肝臓に蓄えられて脂肪肝の源となります。よって、リベルサスの効果を高めるために、1回の食事量を抑える代わりに、3食+夕方の間食など、食事摂取の頻度を3回以上にして頂き、晩御飯の後、入眠までに約3時間程度は時間を空けることも大切だと考えています。

リベルサスの治療実績

2023年9月末時点での診療実績

計:524名 (2022年3月19日:メディカルダイエット外来開始)
男性:148名(28.2%)、女性:376名(71.8%)
・平均年齢:44.6歳(19-86歳)

体重のビフォーアフター例

45歳男性(178cm/120kg)

リベルサス3mg:6か月、7mg:4か月、14mg:2か月の計12か月で102kgまで18kg (15%)減少

58歳女性(166cm/72kg)

リベルサス3mg 9か月で60kgまで12kg (16.7%)減少

44歳女性(159cm/66kg)

リベルサス3mg:2か月、7mg:8か月の計10か月で52.5kgまで13.5kg (20.5%)減少

50歳女性(164cm/74kg)

リベルサス3mg:4か月、7mg:7か月の計11か月で58kgまで16kg (21.6%)減少

35歳女性(158cm/65kg)

リベルサス3mg:5か月、7mg:3か月の計8か月で53kgまで12kg (18.5%)減少

54歳男性(175cm/81kg)

リベルサス3mg:5か月で71kgまで10kg (12.3%)減少

リベルサスの副作用・危険性が気になる方へ

リベルサスの副作用の中で起こりやすいのが、嘔気、ムカムカ感、腹部膨満感、便秘などの胃腸障害で、約5%の方に認められる症状だと言われています(UnMed clinic でも4.6%の方に何らかの副作用が出ています)。
ただし、胃腸障害はリベルサス本来の胃腸の動きを止める作用が強く現れた結果とも考えられ、治療開始後2~3週間で徐々に解消されることが多いです。また、リベルサスの治療効果は、内服から食事摂取までの時間の長さで変わることが分かっており、長くなればなるほど治療効果も強くなります。そのため、内服から食事までの時間が空き過ぎる(たとえば1時間以上)ことにより、嘔気を感じる場合は、その時間をしっかり30分に短くすることで副作用が緩和されることがあります。

その他、リベルサスには低血糖急性膵炎などの重大な副作用が生じる危険性もあります。
リベルサスは、基本的には数ある糖尿病治療薬の中では低血糖が起こりにくいとされていますが、過度なダイエットで極端な食事制限をしてしまうと、脱力感、倦怠感、集中力の低下、動悸、ふるえ、めまい、意識消失などの低血糖症状が出る恐れもあります。その場合は、直ぐに糖分を摂取して、早めに医療機関を受診して適切な処置を受けましょう。

また、リベルサスは、膵臓に働きかける薬であるため、膵臓に過度な負担がかかると、持続的な激しい腹痛や背部痛を伴う急性膵炎が起こることもあります。もちろん、これらの症状が起こることは非常に稀であり(UnMed Clinicでは1例も経験がありません)、過度な心配は不要ですが、もし何らかの症状が現れた場合は、安全性を配慮しリベルサスの服用を中止して当院にご相談ください。

以上のような副作用・危険性があるため、リベルサスを使用したメディカルダイエットは、治療実績のある内科医の指導のもと実施することをお勧めします。

リベルサス3mgと7mgどっちがいい?

リベルサスは、そもそも7mgや14mgから開始することはできないと定められている薬剤です。それは、急にリベルサスの血中濃度を高めることで、嘔気や腹部膨満感などの副作用が過度に出現しないためです。少なくとも最初の1か月は3mgを継続し、効果があれば3mgでそのまま継続し、効果が無い場合は7mgへ増量していきます。当クリニックでは必ず3mgから開始し、3-6か月後に7mgへ増量される方が多いです。ここを守らない一部のクリニックにおいて、副作用が大きな問題となっておりますが、ルールを守って使用すればそこまで心配しなくても問題ない薬だと言えます。

リベルサスは個人輸入・通販で買えるのか?

リベルサスは医療用医薬品のため、ドラッグストアやスーパー等では購入できません。病院やクリニックなどの適切な医療機関にて医師に処方してもらう必要があります。また、通販等を通して海外から個人的に商品を購入する個人輸入での入手方法ですと、当然ながら品質の保証はなく、粗悪品や異なる薬が届くケースもあります。必ず医師から処方してもらうようにしてください。

本当に痩せれるのか気になる方へ

我々のメディカルダイエットでは、努力・我慢を求めません。努力や我慢で一時的に減らせた体重は、努力や我慢を止めれば元に戻るからです。代わりに、調整を求めます。何を調整するのか、それは人間が生きていく上で誰でもする睡眠と食事の調整です。前述の通り、睡眠や食事習慣が不規則だとメディカルダイエットの効果は半減し、良好な結果が得られません。

また、薬を飲んで痩せるという発想も良くないと伝えています。どちらかと言うとリベルサスに背中を押してもらうイメージです。治療をしながら、いかに太りやすいライフスタイルから太らないライフスタイルに調整できるかが、リバウンド対策を含めた減量治療成功の鍵だと考えています。

そして、UnMed流メディカルダイエットについて、患者さんにいつも「ウサギとカメ」の物語に例えて説明していますが、急いで減量を進めないことです。結局、焦ったり急いだりしている時点で、ストレスを感じながら何かを我慢したり努力しているということです。これでは続きませんし、たとえ一過性に減量できたとしても、いつかリバウンドします。ですので、UnMed流メディカルダイエットでは、1か月で1~2kg程度の減量ペースを理想に掲げています。それでも冷静に考えれば、1年間継続すると12~18kgも痩せることができるのです。そして、理想の体重になるまでの減量期間中に、自分なりの適切な調整を徐々に進めて頂くことで、治療を卒業した後もリバウンドすることなく理想体重を維持して頂けると考えています。

肥満症の方にカウンセリングのご提案

UnMed Clinic Motomachiでは、肥満症患者さんの精神面の影響についても大きく関わっていると考えております。“ストレス食い”という言葉があるように、ストレスによって過食から肥満になったり、逆に肥満であることにストレスを感じている方も多くいらっしゃると思います。この精神的な背景こそ、何かとストレスの多いコロナ禍において肥満患者さんが増えている最大の要因ではないかと考えています。
肥満治療を進めていく上でも、精神的なバランスが保たれていない方の場合、なかなか減量が進まないケースもあり、精神的な安定こそ良好な治療効果の鍵であると言っても過言ではないでしょう。

そこで我々は、日本で初めて、肥満症専門カウンセリングサービスを始めさせて頂きました。国家資格を有するカウンセラーによる定期的なカウンセリングにより、肥満治療との相乗効果が期待でき、より良い治療効果を実感して頂ければと思います。
ご興味のある方は、こちら(肥満症が原因の精神的不調に対するオンラインカウンセリング|UnMed Ties (unmed-clinic.jp))をご参照ください。

よくある質問(Q&A)

GLP-1の薬(リベルサス)に副作用はありますか?

副作用としては、薬を飲み始めた際に、下記のような症状が報告されております。
胃もたれ、胸やけ、便秘、軽い吐き気、膨満感、倦怠感、など。
副作用には、個人差があります。ただ、治療を継続していくことで副作用は軽減していきます。ごくまれに、低血糖状態になり、冷や汗や立ちくらみが起こることがあります。その際は糖分を摂取するようにしてください。症状はすぐに落ち着きます。

GLP-1受容体作動薬(リベルサス)は誰でも治療できますか?

以下に該当される方は治療出来ません。

  1. 膵炎などの膵臓疾患の既往、甲状腺疾患の既往、重度の胃腸障害(胃潰瘍、炎症性腸疾患など)のある方
  2. 低血糖を起こす可能性が高い以下の状態の方
    ⅰ)脳下垂体機能不全又は副腎機能不全
    ⅱ)栄養不良状態、飢餓状態、食事摂取量の不足
    ⅲ)激しい筋肉運動
    ⅳ)過度のアルコール摂取者
  3. 糖尿病の方
  4. 妊娠中または2か月以内に妊娠する予定の方、未成年の方、60歳以上の方

これまでダイエットに失敗した人でも効果が得られますか?

GLP-1受容体作動薬(リベルサス)を内服することで、食欲を抑制しますので、長時間満腹感が続きますので食事の量が減少します。あとは、普段通り日常生活を送ることで消費カロリーと摂取カロリーの差によりダイエットが進んでいきます。これまでに食事制限や無理な運動をして続かずにダイエットが上手くいかなかった方も効果が期待できる治療方法です。

GLP-1を使ったダイエットは安全ですか?

GLP-1ホルモンは、人の体に実際に存在しているホルモンです。すでに世界各国では肥満治療として実施されている安全性のある治療方法です。GLP-1の作用としては、食後などに血糖値が上昇した時のみにインスリンの分泌を促進する作用があるので、過剰にインスリン分泌を促進し、低血糖になるといったリスクもありません。

TOPへ